千葉市の塗装・塗り替えはグローイングホームにお任せ下さい。

外壁塗装・雨漏りの専門会社株式会社グローイングホーム

外壁塗装に失敗しない為には、
必ず読んでください②

       2回目の塗り替えの方

最近こんな事が起きていませんか?

  • ?大雨が降ると樋から雨がこぼれている
  • ?天井に雨水みたいなシミができている
  • ?木の部分が腐っている様な気がする
  • ?また、営業マンの訪問販売が増えた
  • ?子供の学生生活が終わり就職した

《今回の塗り替えは、外廻りを(樋・瓦・防水・屋根)トータルで 修理してくれる業者で検討してみる》

そう思ったら、即行動してください!

  • 近くの業者を調べる
  • ご近所で塗替えをした方に感想を聞いてみる
  • チラシ・ホームページ等で調べてみる

こんな事で失敗した事がある方

「不満だった事を思い浮かべて業者を選ぼう(追加料金・剥がれ・近隣配慮破損・色違い)」

  • 色の違い(色の知識や経験のないまま、色選びをしてしまった為、出来上がりのイメージが違ってしまった)
  • 最終的には、追加料金を払う羽目になった。(㎡違い・塗れるもの塗れないもの確認不足にて
  • 仕上りが雑でした。(実際に来たのは丸投げした塗装業者、あいさつは無いし、近隣への配慮も全く無)

2回目の塗り替えリフォームを施工する時の
5つの注意点

  • 傷んでいるのは、外壁・屋根だけではない
    意外と気が付かないのが、雨樋修理・木部腐り・バルコニーの床防水・隠れ雨漏り・ガラス清掃等足場がなければ出来ない事を中心に劣化診断をしてもらう
  • 初めて塗った・リフォームした時の資料を残しておく
    最近の塗料は高機能塗料が多く出回っています。専用の下塗り材・専用の希釈材・乾燥時間厳守塗料の撹拌の精度・2液タイプの混合割合を守る等、決まり事が多くなっています。初回に塗った塗料が水性か溶剤形かで2回目に塗り重ねる、下塗り材が変わる場合があります。
  • 屋根の塗り重ねには注意する
    屋根を塗り重ねる事により、雨漏りを発生させてしまう事があります。屋根材は重ねて張り付けてありますので、屋根に雨が降った後の雨水の抜け道が、塗料によって埋まってしまう事があります。ポイントは1回目に正しく縁切りまたは、隙間部材を取り付けているかが大切です。知識がある業者では、状況により、塗り重ねのデメリットの説明はしてくれるはず。
  • バルコニーは床防水だけではなく、全体の劣化・隙間状況を確認する
    隠れ雨漏りは、意外と屋根からではなく、バルコニーから多く発生しています。笠木・サッシ下戸袋内部・アルミ手すりの隙間等、そういう目で確認診断をしていかないと、後で必ず後悔します。雨漏りの知識のある業者に依頼してください。
  • 初めての塗り替えの際、外壁のシーリング目地の打ち変えをしていない場合
    これもまた、雨漏りの原因として、かなり上位にくる窯業系サイディングの縦に入っているシーリング材目地と言われる部分の劣化です。このシーリングの打ち変えを行わなければ、塗り変えをする意味がないと言っていいくらい大切です。必ず業者さんに伝えてください。
  • 2回目の塗り替えは外廻りを(樋・瓦・防水・屋根)トータルで 修理してくれる業者で検討してみる

 

(初めての方へに戻る) (3回目の塗り替えの方へ続く)