千葉市の塗装・塗り替えはグローイングホームにお任せ下さい。

外壁塗装・雨漏りの専門会社株式会社グローイングホーム

グローイングホーム最新情報ブログ

市川市のマンションにて、屋上・ルーフバルコニーの防水工事を行いました。

こんにちは、千葉県千葉市若葉区若松町531-590にて、外壁屋根塗装・防水工事を行っておりますグローイングホームの宮垣です。
今回の場所は、市川市の妙典駅近くにて、マンション様屋上を改良アスファルトシート防水・その他の階はウレタン通期緩衝工法防水工事を行いました。今回の使用防水材メーカーは、田島の改良アスファルトトーチ工法ポリマットキャップシート・同じく田島ルーフィング環境対応型ウレタン塗膜防水材オルタックスカイ・通気緩衝シートオルタックシートGSにて作業を行いました。
今回の防水工事におけるマンション管理組合様のご要望として、築18年向かえ、定期的な改修計画に伴い10年保証対象防水工事の実施でした。
当社としてのお勧めは、既設屋上防水仕様が、アスファルト防水トーチ工法で仕上げてありましたので「再生工法」を採用し、施工中の雨漏り事故・振動騒音低減・既設防水層の撤去不要から経済性アップ・工期短縮等改修工事に最適な工法をと言えると思います
また、ルーフバルコニー部の関しては、保護モルタル仕上げの防水層が施されていました。その保護モルタル層の劣化と、亀裂防止で施工してあるエキスパンションジョイントが破断しており隙間が出来ていましたので、その破断を解消する事として、ジョイントの取り外しその後のシーリング打ち、そして、通気性のある通気緩衝シートオルタックシートGSにて防水層を形成その上にウレタン防水材を流す工法をお勧めしました。
■改良アスファルトシート防水再生工法の工程は以下の通りです。
① 洗浄作業⇒高圧洗浄機により

      

② スチール笠木取り外し・立上り防水層撤去(手作業で行います)

      

   

③ 立上り部樹脂モルタル材塗り込み金コテ・平場熱溶着(既存防水層の不陸調整を行う)

     

  

④ 改修ドレン設置・仮防水材塗布(防水性のあるリベース塗り込み)

     

   

  

⑤ 改良アスファルトシート貼り(ポリマット厚み4㎜を熱バーナーで炙りながら溶着していきます)

      

      

⑥ 押さえ金物取付(立上り部の端末をアルミ金物で留めていきます)

      

⑦ トップコート塗布(エマルション系高反射塗料です)

  

⑧ 完成
写真8

   

   

●工事期間は1カ月、●築18年、●既設防水材アスファルトシート防水工法・保護モルタルアスファルトシート工法●施工面積773㎡●改良アスファルトシート防水再生工法・ウレタン通気緩衝工法で1,000万円でした。以上で報告を終了いたします。

«

記事一覧